ベトナム人との結婚手続き事例紹介

⑪ベトナム人結婚相手の在留期限が目前の方の場合

 ベトナム人結婚相手が現に「留学」などの在留資格で在留している場合、「日本人の配偶者等」への在留資格変更許可申請が受理されれば、在留期間の満了日を超えても特例期間として在留が認められます。

 「申請に対する処分が在留期間の満了までに終了しない場合には,その外国人は,その在留期間の満了後も,処分がされるとき又は従前の在留期間の満了の日から2月を経過する日のいずれか早いときまで,引き続き当該在留資格をもって本邦に在留することができることとなります。」

 「日本人の配偶者等」の在留資格変更許可申請が受理されるために法律上結婚が成立している事が必要です。それを証明する戸籍謄本を添付できれば、まず、申請は受理されるでしょう。ベトナム国の結婚証明書は後日に提出するのでも構いませんので、在留期間の満了日が間近の方は、ベトナムの結婚証明書の発行を待たずに申請すればよいでしょう。

 申請後に追加書類の提出の要請などがあったとしても、特例期間中に処分(許可不許可の通知)が成されます。「日本人の配偶者等」への在留資格変更が許可されれば、次回の在留期限の満了日は在留資格「日本人の配偶者等」の許可日ではなく、在留資格「留学」の在留期間の満了日の月日となります。

 不幸にも在留資格の変更が不許可の場合、その後の手続きについては既に「留学」の在留期間の満了日は超えていますので、変更を認めないのであれば不法残留状態となります。そこで、出国準備期間として一ヵ月程の滞在を認めるとして、在留資格「特定活動」への変更申請し、直ぐに許可されます。

 ベトナム人配偶者が本国に帰国したのち、不許可理由を解消できれば、在留資格認定証明書交付申請をしてベトナムから日本に呼び寄せることになります。

ベトナム人との結婚手続きサポートへ戻る

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

ベトナム人との結婚手続きについてご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ