ベトナム人との国際結婚手続き

領事館発行の婚姻要件具備証明書
目次

ベトナム領事館での婚姻要件具備証明書・結婚証明書発行サポート

 ベトナム人との結婚手続きのお問い合わせが多く寄せられています。日本に在留していないベトナム人との場合は基本、先にベトナム国での結婚手続きとなります。
 しかし、ベトナム国での婚姻手続きには3回程のベトナム渡航(最低3回)が必要です。
 そこで、会社を度々は休めないなど、忙しいご依頼者様のために日本国で先に結婚手続きをする方法を提案いたします。


ベトナム領事の婚姻要件具備証明書・結婚証明書発行について

 日本で先に結婚する場合には市役所の戸籍課に婚姻届けをするのですが、国際結婚お場合は外国人が未婚であり婚姻に障害がないことを証明する書類の提出が求められます。ベトナム国の人民委員会が発行する婚姻状況証明書で婚姻届けが受理される場合もございますが、多くの自治体では在日本のベトナム国大使館・領事館が発行する婚姻要件具備証明書の提出を求められるのです。また、配偶者となったのちに入国管理局でする、在留資格(結婚ビザ)手続きにおいてもベトナム国発行の結婚証明書が求められるのです。
 勝山兼年行政書士事務所にお任せいただければ、ベトナム人婚約者の婚姻用件具備証明書と、結婚証明書を代理取得させていただきます。ご依頼者様は在日本ベトナム大使館・領事館に出向く必要はございません。

駐日ベトナム大使館発行結婚証明書

 上記の方で

  • ベトナムに何度も渡航する余裕もなく。
  • 多忙で領事館に出向く暇がない。
  • 大使館・領事館から遠方で交通費がかさむ。

 に当てはまる方はお任せ頂ければ婚姻要件具備証明書・結婚証明書の発行を代行いたします。ベトナム人婚約者がベトナム在住であっても対応できます。

POINT

 ベトナム人結婚手続きのサイトは多くみられますが、在日本ベトナム領事の証明書発行を代行するのは勝山兼年行政書士事務所だけです。他のサイトは体験談の紹介や結婚後に配偶者となってからの在留資格手続きの案内などです。結婚までは自力でやり遂げなければなりません。確実な方法で愛するベトナム人婚約者と早く日本で暮らしたいと望まれるのでしたら、まず、実績豊富な弊所にご相談ください。

手続き代行サポート内容
ベトナム総領事館に提出する必要書類の解説
 (日本には存在しない書類も多々あり、言葉や文字だけではでは伝わりにくいため見本をお見せして解説します。ベトナム人婚約者が戸惑わないようベトナム語の解説も付けています。)
ベトナム人婚約者の婚姻要件具備証明書の発行
 (日本の市役所では国際結婚に関して、在邦領事館発行の婚姻要件具備証明書しか受け付けないところが多いです。)
ベトナム国としてのお二人の結婚証明書の発行
 (日本国入国管理局での配偶者の在留資格手続きには、必ず外国人の国が発行した結婚証明書の提出が求められます。)
ベトナム語で書かれた必要書類の日本語訳作成
 (日本の市役所での婚姻届や入国管理局での在留資格手続きでは、ベトナム語書類のは全てに日本語訳を添付する必要があります。)
ベトナム領事館証明書発行手続きの代行サポート流れ

ステップ1

◆ベトナム人、日本人双方の必要書類についてご説明します。(ベトナム人婚約者が日本にいない状態でも対応可能です。短期滞在査証で無理に来る必要もございません。

ステップ2

◆集めていただいた書類を当事務所がベトナム総領事館にに提出し、ベトナム人婚約者の婚姻要件具備証明書を発行してもらう。

ステップ3

◆婚姻要件具備証明書を日本人ご依頼者様にお渡しします。ご依頼者様が婚姻要件具備証明書をもって自身で市役所にて婚姻届をしてください。その際、市役所で婚姻届受理証明書の発行を受け、その証明書を当事務所にご送付していただきます。

ステップ4

◆ご送付いただいた婚姻届受理証明書を、再び当事務所がベトナム総領事館に提出しベトナム国の結婚証明として婚姻受理報告証明書の発行をしてもらう。

ステップ5

◆婚姻受理証明書が発行されましたら、他の書類も集めていただき、配偶者となったベトナム人の在留資格手続きを入国管理局にてすることになります。当事務所は在留資格手続き実績多数の専門行政書士事務所ですので、ベトナム人配偶者の日本入国までのサポートもさせていただきます。
経験豊富な専門家が丁寧にご説明させていただきます。




領事館発行のベトナム人婚姻要件具備証明書
領事館発行のベトナム人婚姻要件具備証明書の日本語翻訳文
領事館発行の婚姻受理報告証明書
領事館発行の婚姻受理報告証明書の日本語翻訳文

状況別結婚手続き手順

手続きを日本国のみで完了する場合 先にベトナム国で手続する場合
日本人配偶者が
  • ベトナムへ数回行くことが困難な方
  • ビジネス等で頻繁にベトナムを訪れる方
  • ベトナムへ行く時間的余裕がある方
ベトナム人配偶者が
  • 頼りない
  • 既に日本長期在留資格者
  • しっかり者
メリットは
  • 代行を頼めば、面倒な手続き不要!
  • 日本ですべて手続き完了!
  • お金が掛からない、低予算
デメリットは

ベトナムでするより費用が掛かる!?

結婚手続きの詳しい手順について、説明させていただきますのでお電話ください。

ベトナムでの面接、健康診断等わずらわしい手続一杯

ベトナム人結婚手続き案内の小冊子希望とメールしてください。

 まとめ

 日本人がお勤めがあり、数日間の休暇を何度も取れずベトナム人が日本在住の場合は日本で先にすることをお勧めします。一方、日本人が休暇を取れたり、ビジネスなどでベトナムを何度も訪問できるようであればベトナム国で先に結婚することも選択できます。また、出会い系サイトなどで知り合った場合は客観的な交際の証明が乏しく、入国管理局での在留資格手続きが困難になる恐れもございますので、何度か結婚手続きにベトナムを訪れることで、その事が解消されることにもなります。

ベトナムで結婚手続きを先にする場合流れ

◆日本で必要書類を作成・収集。

◆外務省及び在日本ベトナム総領事館総領事館で公印確認、認証、翻訳を行う。

◆必要書類を持ってベトナムに入国。人民委員会にて婚約申請を行う。

◆法務局、公安にて手続きを行う。

◆指定された日時に法務局にて面接。

◆指定された日時に法務局に当事者二人で出向いて結婚登録を行い、結婚証明書を発行してもらう。

◆帰国後、結婚証明書をもって日本の市区町村役場にて婚姻の届出をする。

◆日本人配偶者の居住地を管轄する地方入国管理局へ、ベトナム配偶者の在留資格認定証明書交付申請を行う。

日本国外務省公印確認済み法務局発行日本人の婚姻要件具備証明書
 まとめ

 ベトナム国での結婚手続きにおいて宗教的な行事はありませんが、近年、外国に嫁いだベトナム人女性が虐待を受ける事例が多く発生しており、国際結婚手続きにおいては手続きをする人民委員会の審査が厳しくなっているようです。手続きが進まないようであれば、有力者を介して人民委員会にアプローチしてみてはと思います。

ベトナムで結婚手続きを先にする場合の必要書類

外務省及び在日本ベトナム領事館で書類の認証。

日本人が事前に準備する書類
  • 住民票
  • 婚姻用件具備証明書(法務局発行)
  • パスポート写し
ベトナム人の用意する書類
  • 人民証明書(人民委員会が発行) 写し
  • 出生証明書
  • 精神科医の健康診断書(公立病院)
  • HIV及びその他の感染症についての診断書(保険所)
出生証明書
ベトナム人神経疾患健康診断書
HIV及びその他の感染症についての診断書(保険所)

日本の市区町村役場での報告

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本1通
  • ベトナム人の出生証明書
  • 結婚証明書

※ベトナムの書類はを日本語に翻訳。

ベトナム人民委員会発行の結婚証明書

※和文訳については、どなたが訳しても構いませんが、翻訳者氏名の記載が必要です。

 まとめ

 健康診断書類については、ベトナム人同士もの場合でも必要なことですので、ベトナム人婚約者が周りの方に聞くのが手っ取り早いです。結婚証明書h後については日本国での婚姻手続き、在留資格手続きにおいて日本語訳が必須です。ベトナム人婚約者の出生証明書と共に翻訳を用意してください。

ベトナムでの提出必要書類の認証手続きサポート

 ベトナム国の人民員会に提出する下記書類には、日本国外務省及び在日本ベトナム国総領事館にて認証を受けなければなりません。 勝山兼年行政書士事務所では忙しい依頼者様に成り代わって書類の認証及びベトナム語翻訳を承ります。

  • 住民票(市役所発行)
  • 婚姻要件具備証明書(法務局発行書)
  • 離婚届記載事項証明(法務局発行書:離婚歴がある場合)
ベトナム国外務省認証シール

婚姻要件具備証明書他の認証手続き流れ

◆市役所で住民票及び戸籍謄本を取得する。

◆戸籍謄本を持って住所地を管轄する、地方法務局(法務局管轄一覧)にて婚姻要件具備証明書の発行(ご本人様が出向きます)を受ける。

◆「認証代行についての委任状」にご署名をお願いします。

◆下記の書類を当事務所に送付願います。

 婚姻要件具備証明書原本 、住民票 、結婚相手の身分証明書コピー(無くても可) 、日本人パスポートのコピー(必須) 、委任状(署名押印済みのもの)

◆報酬及び認証費用のお振込みをお願います。

◆外務省での公印確認

◆ベトナム総領事館指定の翻訳業者でのベトナム語への翻訳。

◆ベトナム総領事館での認証。10日ほどで認証済みの婚姻要件具備証明書と住民票及びその翻訳文をご自宅に郵送します。

婚姻要件具備証明書のベトナム語翻訳
 まとめ

 ベトナム国での結婚手続きにおいては手続きをする各人民委員会の個別の裁量があります。日本人側の提出書類においては事前に確認しておくことが無難です。日本の外務省やベトナム国大使館・領事館でも把握しておりません。ベトナム人婚約者が直接人民委員会に問い合わせてください。

ベトナム人との結婚手続きの特徴

 ベトナムへの日本企業の進出とともにベトナム人との国際結婚も増加傾向にあるようです。ベトナム人女性は素朴な人が多く、家庭的でおおらかで勤勉なので、長年を共に暮らすにはとても望ましい相手のようです。しかしベトナム側での結婚手続きは日本人配偶者が指定された日時に面接や結婚証明書受取りにベトナム行かなければならず、最低3度は渡航する必要があり大変面倒で手間がかかります。

ベトナム人との出会いパターン(結婚、日本で暮らすまでの)紹介

Ⅰ:日本人がベトナム駐在時に出会う。

Ⅱ:日本人、ベトナム人が第三国で出会う。

Ⅲ:ベトナム人が技能実習生として日本在住時に出会う。

Ⅳ:SNSを通して知り合い、交際に発展する。

Ⅴ:結婚相談所を通して知り合い、結婚する。

ベトナム人との結婚事例紹介

①技能実習中:研修生のベトナム人と結婚する場合

②ベトナム駐在勤務の時に知り合ったベトナム人女性と結婚する場合

③出会い系サイトで知り合ったベトナム人との結婚する場合

④日本人に離婚歴がある場合

⑤ベトナム人女性に離婚歴がある場合

⑥オーバーステイのベトナム人と結婚する場合

⑦過去の日本在留状況が不良のベトナム人と結婚する場合

⑧ベトナム人結婚相手に連れ子がいる場合

⑨ベトナム人結婚相手との間に日本人の実子がいる場合

⑩ベトナム人結婚相手が妊娠している場合

⑪ベトナム人結婚相手の在留期限が目前の方の場合

⑫カラオケ店、マッサージ店で知り合ったベトナム人女性と結婚する場合

⑬夫がべトナム人で妻が日本人の場合の生活費支弁能力を証明する方法

⑭日本人がベトナムから戻ってきて間もない場合の生活費支弁能力を証明する方法

状況別日本で暮らすまでの手順

結婚前から
ベトナム人配偶者が現在住んでいるのは(短期滞在者は除く)

日本(短期滞在者は除く)

ベトナム(又は日本以外の国)
ベトナム人の在留資格は 交際期間は

技能実習生

技能実習生以外 (留学、就労、定住者など)

在留期限が超えている(オーバーステイ状態)

長い

短い
日本にはいつごろまでに一緒に暮らしたい。

一日でも早く

2.3か月後でもよい

①結婚手続き後に入国管理局にて在留資格認定証明書交付申請をしてください。

②結婚手続き後に入国管理局にて在留資格変更許可申請をしてください。

短期滞在査証(90日)の発給を受け、結婚手続き後に入国管理局にて在留資格変更許可申請をしてください。

短期滞在査証で日本に呼び寄せて交際を深めてください。その後は①の手順となります。

⑤結婚手続き後に入国管理局に出頭し、在留特別許可手続きをする。

 まとめ

 ベトナム人が留学や就労系(技能実習生は除く)の在留資格で暮らしている場合は書類を収集するのに時間的物理的に余裕がありますので、日本での婚姻届けを先にすればよいでしょう。技能実習生は例え結婚が成立したとしても在留資格を「日本人の配偶者等」へ変更することは難しく、一旦ベトナムに帰国したうえで、新たにビザを取得して日本に呼び寄せることになります。オーバーステイ(超過滞在者)の場合は先に日本国での結婚を成立させたうえで在留特別許可を得るか、出国命令で帰国一年後に呼び寄せることにしてください。

結婚後から
日本人配偶者が現在住んでいるのは

ベトナム(又は第三国)

日本
日本人配偶者の日本での住民票は

ある

ない
日本(住民票がある方)に身元保証人が

いる

いない

①入国管理局にて在留資格認定証明書交付申請をしてください。

短期滞在査証(90日)の発給を受け、日本入国後に入国管理局にて在留資格変更許可申請をしてください。

③ 先に日本人配偶者が日本で住民登録をし、その後は①の手順となります。

 まとめ

 日本人がベトナムに駐在しているのでしたら、ベトナム国の結婚を済ませておいてください。日本への帰任が決まったら在留資格手続きをして配偶者のビザを取得することになります。しかし、帰任までに期間が少ない場合は日本に戻ってから結婚手続きをするしかないでしょう。ベトナム人の短期滞在ビザをあらかじめ取得し、ベトナム人側の書類を携えてお二人が日本に入国し、結婚手続きしてください。その後、ベトナム人は配偶者の在留資格への変更許可申請を入国管理局ですることになります。日本人が第三国に暮らす場合は日本の住民票有無でやり方が変わってきます。

ベトナム人との結婚手続きサポートQ&A

Ⅰ:どのくらいの期間を要しますか?

Ⅱ:ベトナム人婚約者が日本に居なくても対応可能ですか?

Ⅲ:ベトナム人婚約者が技能実習生ですが日本滞在中でも対応可能ですか?

Ⅳ:ベトナム人婚約者がオーバーステイ状態でも対応可能ですか?

Ⅴ:日本人の私が海外在住ですが対応可能ですか?

Ⅵ:ベトナム側の書類には全て日本語訳が必要ですか?

Ⅶ:結婚成立後に配偶者としての在留資格手続きも代行してもらえますか?

Ⅷ:日本人の私は無職で殆ど収入がありません。そのような場合でも対応可能ですか?

入国管理局での結婚ビザの手続きサポート

 勝山兼年行政書士事務所では、日本人配偶者に成り代わって、 入国管理局でのベトナム人配偶者のビザ・在留資格申請手続きを代行させていただきます。

結婚ビザ・在留資格(日本人の配偶者等)手続きサポート内容
  • 個別具体的な状況に応じた必要書類の収集の案内。
  • 申請書の他、結婚経緯書、適宜理由書などの作成。
  • 入国管理局での申請手続き(追加書類の提出なども含む)
  • 許可後のベトナム人の日本入国の案内
  • 更新手続きなベトナム人の日本での生活に関わる行政手続きなどアドバイス。

ベトナム人配偶者ビザ取得手続きはこちら

ベトナム人配偶者日本入国後の手続きはこちら

06-6948-6396 電話相談無料!!

スマホの方は番号をクリック!

ベトナム人との結婚手続きについてご質問にお答えします。

このページの先頭へ